9:00 - 18:00
毎週水曜・第1・第3火曜
2019年12月10日
坂戸店ブログ

高校受験:高校の選び方が変わった?

ピタットハウス坂戸店(株式会社 東上不動産)のヨシオカです。

昭和世代の自分達と令和時代の子供達では・・・受験の方法?が変わったように思えます。なんていうのでしょうか・・・試験?面談?どちらが重要なのでしょう?

昭和の自分は担任の先生と決めていた・・・

俗言うベビーブーム生まれの自分( 一一)

 

兎に角子供が多かった。

中学生時代は1学年で9クラス、生徒数は約45名!?

同級生約400名の生徒が皆が受験・・・

 

高校選びは・・・当時は偏差値を見ながら担任の先生と打合せをして決めるそんな時代(ちなみに自分は友達が行くからを理由に高校を決めてしまいました)

 

我が家の様子を見ていると・・・受験をするかも?と思う高校に面談に行き、単願ならOKだとか、併願でもOKだとか受ける高校の説明会に参加するところからスタートしています。

 

『仲良しの友達が行く高校に行けばいいのに・・・』

自分が言うのはそれくらいです。

 

冷蔵庫に貼られている学校説明会のカレンダーを見て大変なんだなぁ・・・と思ってしまいます。

 

自分達は・・・もとい自分は選べる高校が少なかった(勉強不足)が、のちに宅建取得を目指すようになる過程だったのでOK

 

今は、色々と選べるような時代(当然学力によって)

自分のオススメは生徒数が多いとか、技術がつくとか(工業・農業・商業)などがいいのでは?と伝えています。

 

友達が大事な財産になることが大人になってからよくわかると思うので、必死?悲壮感?が漂うな感じではなく、生涯の友達作りと思ってもらえると何よりです!

 

Ps 受験生に忍び寄る魔の手(3人組)から守らねば!!(=_=)

 

 

 

ピタットハウス坂戸店(株式会社 東上不動産)

arrow_upward